虫の息ブログ

生きているだけで、虫の息

シェイプオブウォーターを3日間考察していたら、すっかり丸裸にしてしまった件

3日前の私は、シェイプオブウォーターは理性と欲望の戦いであると考えていた。しばらく三日前の私の考察につきあって頂きたい。

 

 理性を体現するのは、ストリックランドであり、まさしく冷戦時代までのアメリカにおける正しさの象徴である。夫婦の性交に快感があってはならないし、同性愛も自慰行為も、重大な道徳的退廃であるからとうぜん禁忌である。これらの制約はストリックランドの肉体への軽視にも現れる。いわば、精神世界へのひきこもりだ。また、おしっこの前にしか手を洗わないという超個人主義的な資本主義的成功と、神に近付くための身体性の放棄を両立させるというのは、破天荒というかなんというか、とにかく破滅への道としか思えない。

一方のイライザは欲望の象徴である。彼女にはまるで理性は見られず、皮膚感覚をもつ肉体の身体性こそをただただ体現する。日課の自慰行為のせいで遅刻寸前に出社してくるくせに、平然と行列に割り込むし、仕事はさぼるし、上司にはたてつくし、気のいい隣人をそそのかすし、しまいには映画館を水びたしにする。

この明確な対称性は、ストリックランドが言葉で、イライザが手話で対話することにも表れている。欲望のイライザに理性のストリックランドが誘惑されるのは、エデンの園で悪魔にリンゴを薦められて唾を飲み込むアダムのようであるが、ストリックランドはその誘惑に勝つのだから本当に鬼気迫るものがあった。

 

そうして理性と欲望は共倒れするという顛末だ。

 

 愛とはイコール欲望であるとするのはあまりに刹那的で安易に過ぎると思う。さらに肉欲と愛の強さが比例するという論理も、にわかに受け入れがたい。

しかし、ここまではまあ良いとする。私はストリックランドもイライザも、どちらも嫌いだが、そういった個人的な好悪を別にしても、この映画は駄作だ。もしかして、この映画を駄作たらしめているのは、あらゆる意匠を詰め込みすぎたことにあるのではないだろうか。なにより、しっくりこない。映画として、一貫性を感じにくいのだ。辻褄があわないのだ。

さて、ここでいう意匠とは、マイノリティへのあからさまな迫害や、トランプ大統領の唯一の愛読書である「ポジティブシンキング」をストリックランドに読ませるなどといった、いわゆるポリコレを全面に押し出した、アカデミー賞をとるための狡猾な「かぶりもの」のことである。

 

だが、デルトロ監督が自費を投じてまでこの作品をつくりあげたのは、作家性を守るためだった。この大いなる矛盾はなんなのか。あと、半魚人とはいったいなんだったのか。

 

そうして私は三日三晩悶々と悩みぬいて、あるとんでもない真相にたどり着いてしまった。ここからが、ようやく三日後のわたしの考察になる。

 


じつはストリックランドは理性の象徴ではなかった。というか、もっと厳密にいえば、彼はハリウッドの象徴なのである。

無慈悲な強権は商業主義の追及とプロパガンダの普及に注がれる。

そして同様にイライザは、作家性の象徴なのである。彼女の欲望は表現にたいする貪欲な渇望なのだ。

半魚人は、まさにそれらの作家性とハリウッド的な商業主義の、両方の側面をバランス良く持った生物なのだ。つまり、半魚人が象徴したのは、まさしくデルトロ監督その人であり、まんまとアカデミー賞を受賞せしめたシェイプオブウォーターという作品そのものなのだった。

 

こう考えると、さっきまでぼややんとしていた映画としての一貫性のなさに、一本の筋が通るのである。


観客の象徴になるのは、ジャイルズでありゼルダであろう。語り手のジャイルズにいたっては、この物語は愛と喪失の物語だとか、なんか勘違いしているのだなと思えるし、ゼルダが作家の作家性のために、ある程度の不条理を許容するというのは受け入れられる。ホフトステラー博士は、批評家を象徴しているか。

 

大衆をおおいに喜ばせつつ、痛烈な皮肉を背後に隠したまま、手練手管の映画界をも、まんまと騙す。

 

ハリウッド映画界に振りまわされ、辛酸を舐めさせられ続けてきた監督たちは、デルトロ監督の偉業に快哉を叫んだことだろう。

 

つまりシェイプオブウォーターとは、あまりに痛快なデルトロ監督の映画史に残る大勝利劇なのであり、作家性とハリウッド的商業主義の絶妙なバランスをとることに成功した半魚人的な怪物くんなのであった。


デルトロ監督はとにかくすごい人だった。これからは作家性だけを追及できるようになるといいですね。アカデミー賞おめでとうございました。私はそれを期待して次作を待ちわびることとします。





 


 

私の11月1日の日記にGoogleが詩情を込める

眠る間、鳥はまた起床する。

 

私は茶のポットによって水を不正に沸かし、3分の間ニッシンのカップヌードルに待つ。

 

これはリビング・ルームで下にボルトで締められる。

 

追跡に失敗するように私が吹きつける表情注視とケースはされない。

 

それは、何も、たとえこれだけがアカウントであることとそれの不行ないほとんどすべて変わらないからである。

 

誰もが行くので。

 

これは妻の好きなフレーズである。

 

誰もが行く。

 

それは、すべてのロジックを強化するわけではないにもかかわらずすべてのフィールドの中で最も強い弁証法である。

 

いわゆる神秘的肉は干渉なしでテレビボード、私に飛んで行く。

 

食物に浸されることは何についても真剣に悩まず、重要である。

 

私の妻は起床しはじめて、私の食事は、柱にもたれかかる間、軽べつされている面から判断される。

 

これは確かにされる。

 

そして、私は、意味を表していることでテレビボードとスープしたたりに貼られた神秘的な肉に見る。

 

私は、毎回それがそうであることであるけれども、私はうんざりする。

 

「私は行く 訪問 。」

 

私は家を話し、出る。

 

夜明けのコインランドリーは静かである。

 

私が洗濯屋を洗濯機に入れて、コインによってそれを回した時には、私は椅子に適切に座った。

 

次において座った女性は、疑わしい面から私を判断し、私は、座席をシフトする間言った。

 

「あなたはなぜ次において意図的に座るか?そんなに多く透明になるために

 

環境はまわりで目により表されたけれども、私は、それが、私が言ったことで程度ににであることではないと思った。

 

自身意識、非常に多くの過剰な人がいる。

 

 

 

フィートは作られて、洗濯機のパンフレットは見られる。

 

ファミリーの幸福な円は、洗濯機を中心に行うことをwhirlpoolingする。

 

嘘のにおいがする微笑み面は、すぐ泡に包まれて、私は消える。

 

私はよい広告を考える。

 

 

 

私は洗濯屋を取り出し、かごに詰める。

 

私の妻がベッドに戻った後に、私は家に帰る。

 

テレビボードに固着したカップヌードルおよび神秘的な肉の残骸は片付けられる。

 

洗濯屋は上に折りたたまれて、ため息に突き刺す間、丁寧に閉められる。

 

私はそれをし、ベッドに戻る。

 

私の息子は幸福であるようで、眠っている。

 

彼女はしわについての額を中間に知らせて、それは痛いようで、私の妻は眠っている。

 

私も見渡している。

 

私は、すべての汚れが完全にこすり落とされることを願うけれども、。

 

 

 

 

 詩情のない原文はこちら

mushinoiki.hatenablog.com

 

 

 

11月1日の日記

鳥も寝ているうちに起きる。

ティファールのポットでお湯を沸かし、日清のカップヌードルにかけて3分待つ。

リビングでこれを掻き込む。

ふうふうと熱を逃がすために息を吹くなんてことはしない。

ここだけの話、あれをしなくてもほとんどなにも変わらないからだ。

みんなやっているんだから。

これは妻の口癖だ。

みんなやっている。

あらゆる論理を強化しないのに関わらず、あらゆる分野で最強の弁証法だ。

いわゆる謎肉がテレビボードに飛ぶが、私はお構いなしだ。

何も気にせず、ひたすら食に没頭することに意味があるのだから。

妻が起き出して柱にもたれながら、私の食事を蔑んだ顔で見る。

必ずこれをする。

そして、テレビボードにはりついた謎肉と滴る汁を意味ありげにみやる。

毎度のことながら、私はうんざりする。

「行ってくる」

と伝えて、家を出る。

 

明け方のコインランドリーは静かだ。

私は洗濯物を洗濯機に入れコインで回すと、適当に椅子に座った。

隣に座っていた女が怪訝な顔で私を見て、席をずらしながら言った。

「なんでわざわざ隣に座るの?こんなにすいているのに」

私は周囲を見渡すが、いうほどのことではないだろうと思った。

自意識過剰の人間が多すぎる。

 

足を組んで、洗濯機のパンフレットを見る。

洗濯機を中心に、家族の団らんが、渦を巻いていく。

嘘くさい笑顔が、やがて泡に包まれていって消える。

良い広告だと思う。

 

私は洗濯物を取り出して、カゴに詰める。

家に帰ると、妻は寝床に戻っていて、

カップヌードルの残骸と、テレビボードについた謎肉とが片付けられている。

溜息をつきながら洗濯物を丁寧に畳んで、しまう。

そうして私も寝床に戻る。

息子は幸せそうに眠っている。

妻は眉間に皺を寄せて、苦しそうに眠っている。

私も目を瞑る。

なにもかもがすっかり洗い流されることを願いながら。